[文字数×単価]に加えて別途工数の見積もりが必要な理由って?

2021年11月12日ご依頼

<Q.なんで[文字数×単価]に加えて別途工数の見積もりをするの?>

A. あくまで文字数というのはボリュームを仮に見積もるだけのわかりやすい手段にすぎないからです。
同じ1万字の台本でも、1万字絶叫する台本もあれば、1万字まったり読む台本もあります。
超高額なマイクへの負担、1日に収録可能な量の限界(喉の酷使度)などなど様々です。
そんななか、一律で文字数オンリー見積もりをすると、各サークル間の公平性を欠いてしまいます
一律価格のおかげで自分だけ得するなら悪くはないのですが、もし損してたら嫌ですよね!

<Q.どのくらいの工数増(倍率増)を想定しておけばいい?>

A.収録時に細かい演出をどれくらいしたいか?によって変わります。
シンプルな台本では一切発生しないこともよくあります。大ヒット作やそれを目指す作品ほど発生しやすい傾向にあります。
細かいほどヒットする単純な図式ではないですが、大ヒット作には情報量が必要十分リッチに含まれているからだと思います。
気になる倍率ですが、例えば双子系および共演作については全体1.3倍程度を一律の基本としています。
これはサンプルボイスに関わる打ち合わせが2倍&台本を目で読むべき量が2倍となるからです。
なぜ合わせて4倍にならないかというと、4倍になるのは全体工数の1/3(1.3倍程度)だからです。
その他の項目については中身の分量に依存しますが、多くともそれぞれ1.1倍~1.2倍程度となることが多いです。
該当項目が複数重なる情報量がリッチな台本であったとしても、1.3倍~多くとも1.5倍程度に落ち着くことがほとんどです。
極めて大量の該当項目があり、収録難易度が途轍もなく非常に高かった台本においても2.0倍までが最大実績値です。

<Q.情報量はリッチにしたまま、できるだけ工数増(倍率増)を減らしたいんだけど?>

A.もちろん可能です。収録ではなく編集で演出する部分を増やせば良いのです。
例えば、台詞Aを右耳側で読んだ直後、台詞Bを左耳側で読み、次に台詞Cを右耳側で読む….
というような1台詞ごとに左右が切り替わる演出をしたい場合は節約の余地が大きいです。
これは非常に簡単で、このシーンは収録では全て右耳側の位置とし、編集で台詞Bを左右反転すればOKです。
他の例では、1台詞ごとに耳舐め10秒があるシーンは節約できる度が高いです。
これは収録では言葉と舐めを切り替えないといけないので切替工数がその都度かかってしまいます。
ですが本編とは別収録という形で耳舐め300秒をまとめ収録できれば切替工数はかからず、収録工数増は発生しません。
編集の手間をとるか、収録工数増をとるか、適材適所でお選びいただければOKです!

<Q.別途工数が加わると予算が厳しいんだけど…>

A.大丈夫です。私に策があります。
ご予算感をお伺いした上で、それを大幅にオーバーするときには兎月による「おまかせ収録」をご提案します。
この場合は工数増が最小化しますので、見積もりそのものも最小化していきます。
例えば、舐め頻度が高すぎるというものについては最後にまとめ収録をするアドリブをしたり、
位置の左右切替が多すぎるというものについては一律に右で収録を行ったりなどなど。
問題なく編集でカバーできる範囲まで、できる限り工数を減らしての収録をする経験は幅広くあります。
台本に手を加えずに出来ることがほとんどで、ユーザー様からの満足度も変わりないものとなります。

(それでもオーバーしてしまう大変厳しいときには最終手段プランをご提案することも・・・!)

Posted by 兎月りりむ。