リテイクガイドライン旧版 2022年7月31日以前

リテイクガイドライン

本ガイドラインは、2022年7月31日以前での申込が対象となります。
最新の状況に対応するため、リテイクガイドラインは更新されました。
詳しくはこちら!

リテイクについてはその理由を問わず承っており、本収録と同じスタジオ品質の音質で納品することが可能です。
ですが、短い時間でより早く完成させ、より早く販売を開始し、より早く投資回収をしていただきたいという目的のもと、売上利益に貢献をもたらさないリテイクは推奨しておりません。

主に音声作品ご依頼については、無償/有償のリテイクの内容を問わず、カットや編集での即時対応をご依頼者様のもとで行っていただき、リテイク自体を行わない流れが兎月起用ではその多くを占めます。
仮に無償リテイクが可能だったとしても、作品の売上利益に貢献しない場合には、その実施をしない方がご依頼者様にとっても大きなメリットがあると考えております。
一見不思議に思われるかもしれません。こう推奨している理由につきまして、詳細は以下の記事をご覧ください。
(リテイクにあたってはご必読ください。未読の場合、リテイク受付をいたしかねます。)

▶同じ時間で多くの収益を得るハウツー!100点の作品目指して無駄な修正してない?

その上でリテイクが必要となる場合は、納品日から一ヶ月後までにご確認いただき、必要に応じてリテイク指示をお出しください。
収録スケジュールの都合を調整した上で、収録不可期間※を除く通常14日間以内、特急ご依頼の場合は約7日以内でのリテイク収録を実施いたします。
非常に工数を要する等の理由でリテイク収録枠に収まらない場合、新規の通常ご依頼と同じ納期でのご案内となる場合がございます。
※収録不可期間につきましては、ご依頼ページ>お知らせに適宜記載。

手作業でとりきれるノイズ(リップノイズ、クリックノイズ、衣擦れなど)につきましては、
標準のお手軽編集コースではiZotope RX9 Advancedでの一括処理をかけた上でのお渡しとなりますが、残りノイズについてはサークル様での編集でご対応いただいております。
カスタマイズ編集コースをご選択された場合、iZotope RX9 Advancedでの一括処理の有無はお選びいただけますが、残ノイズについてはサークル様での編集でご対応いただいております。

1回目のリテイクについては、収録起因の場合に無償にてお受けいたします。
台本起因による場合は、[基本料金3000円(税込3300円)+工数] による有償オプションサービスとして承る場合があります。
リテイク依頼をいただいた場合、声優の主観では判断しきれないケースがほとんどのため有償/無償の判断は 同人音声.com 事務局が担当いたします。
ご依頼者様との見積もり合意の上でリテイク収録を実施いたします。

リテイク基本料が発生する理由につきまして、詳細は以下の2記事をご覧ください。
▶なんで声の依頼に基本料金ってあるの?

リテイク有償/無償判定の例

以下にリテイクの有償/無償判定の例を記載いたします。(クリックで開きます)

収録起因の例(無償リテイク):
・兎月による編集では取り切れない強烈なノイズがある場合
・編集ミスによるセリフの抜け漏れがある場合
・読み仮名など、明らかに読み方がわかるにも関わらず読み間違えている場合
・明らかにユーザー様が聞いたときにクレームが出るレベルの違和感のある位置に変更し収録している場合(収録位置おまかせに限る)

台本起因の例(有償リテイク):
・台本記載の演技指示に記載がない、もしくは不明瞭な場合
・複数パターンが存在する言葉の読み仮名/アクセント/イントネーションの指定や例がない場合
・作中に登場する造語の読み仮名/アクセント/イントネーションの指定や例がない場合
・台本ガイドライン非準拠の演技指示/位置指定

アクセントについて

基本的は「東京式アクセント」を採用しております。

しかし、アクセント辞典にすべて準拠して読み上げると不自然な日本語になることがあります。(アクセント辞典はアナウンサー的な正解であるため、音声作品のような口語的な演技に適用すると不自然になることが多々ある)
さらに音声作品特有の単語については、会話での使用の際のアクセントが正式には定まっていない単語も多くございます。(各々の解釈で演じるしかない単語が存在する)

そのため、実際の収録では、場面・キャラクター性に適した発話全体の音調を調整しながらアクセントを選定し読み上げます。
ですので、アクセント辞典と必ずしも一致する発音にならない場合があります。ご了承ください。

また、語や句の組み合わせで韻律やアクセントが変化することはご承知のとおりかと思いますが、「100%正しいとされる音調の変異」は人によって異なるというのが現状です。
ですので、必ずしもご依頼者様の考える「正解」の発音を提供できない場合があります。

大変申し訳ございませんが、アクセントやイントネーションに強くこだわりがあるご依頼者様におかれましては、アクセント面のご要望を叶えきれない可能性が高いため、声のご依頼自体をご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

事務局により「録り直しが必要であるレベルで不自然」と判断された場合のみ無償リテイクを行います。
「このままでも多くの人(95% 2σ区間)にとっては問題ないであろう」と判断される多くの場合は有償リテイクオプションのご案内となることがございます。

リテイクのリスクについて

また、リテイクをご希望いただく件数は非常に少ないなか、「リテイク後のモノの方がデメリットがある」ということがございます。
例えば、キャラクターが快感に溺れているシーンにて、一字一句綺麗に発音するような形へのリテイク希望があるとします。
こういったシーンにおいては、ろれつが完全に回っていないまでは行かずとも、口元は緩やかになっている方が自然と考えます。
明示的に演技指示で(快感に溺れているシーンですが、一字一句ハッキリと発音してください)とあれば別ですが、
この場合はストーリーの流れから感じられる情景をベースに、ハッキリと言葉を言えていないような演技をしております。

年間100作以上(2021年 音声作品出演数 5位)のペースで日々収録を続けている私自身、
業者として明らかな不良品(台詞抜け等)を市場に出したいとは思っておりません。
「前からのストーリーの流れを踏まえ、ユーザー様にとって違和感のない自然な状態を演じる」
ことを心がけております。

下記フォーマットでのリテイク希望をお出しになられる前には、
ナレーション的演技においては正しいリテイクであっても音声作品的には危険なリテイクとならないか?
そのリテイクは思わぬデメリットを生まないかどうか?

といった点を今一度ご再考いただけれればと思います。

リテイクの際には、こちらに沿った形にてリテイク指示をお願いいたします。(必須)

・兎月りりむ。が納品した音声データ名

・訂正箇所が音声データに存在する秒数

・該当箇所とそれが含まれるセリフの全文 ※台詞にかかる演技指示、収録位置指定がある場合はそれらも必須事項となります。

・リテイクが必要な理由
+リテイク予算

→下記のリテイク希望フォーマットに従い、Wordファイルに記載しお送りください。
(PDF、txtファイル、メールに直接入力等は不可)

リテイク希望フォーマット:

—-フォーマットここから—-

<リテイク予算>
最大10000円(税込)

<リテイク1>
【音声データ名】
トラック1.wav
【該当箇所秒数】
0:50~1:05
【該当箇所(黄色網掛け)とそれが含まれるセリフの全文】
(右・中)「お兄ちゃん!今日は何買ってきたの~?
ふーん・・・私は舞茸が食べたかったのになぁ」(ここまで)
【リテイクの理由】
松茸(まつたけ) とするべきところ台本にミスがあったため

<リテイク2>
【音声データ名】
XXXXX.wav
【該当箇所秒数】
0:00~1:00
【該当箇所(黄色網掛け)とそれが含まれるセリフの全文】
aaaaa
【リテイクの理由】
bbbbbb

—-フォーマットここまで—-

上記セットが揃っていない、またはフォーマット通りでなく不明瞭な場合、
リテイク実施に進むことができないため、再提出を必ずお願いさせていただきます。

なぜこの4点が必要なのか?については以下の記事で詳細な解説をしております。

▶リテイクってどう出したらいいの?

リテイクご予算をご記入いただくメリット

フォーマット最上部にありますように、リテイク依頼をいただく際には、リテイクご予算(推奨:10000円)もご記入ください。
見積もり金額がリテイクご予算内に収まる場合には、打ち合わせ回数を最小化可能のため、最短でのリテイク収録&最低限のご予算でのご案内が可能です。
見積もりの結果ご予算を上回る場合にはリテイク収録を開始せず、まず見積もり結果をご連絡いたします。
その見積もりに合意いただき次第リテイク収録を開始するため、通常14日以内・特急約7日以内よりも日数がかかる可能性が高くなります。

兎月りりむ。へのご依頼はこちらからどうぞ!

声のご依頼について@兎月りりむ。