立ち会い収録アリナシのメリット・デメリットって?

このページを読むのに要する時間:< 1

はじめに

突然ですが、立ち会い収録アリナシのそれぞれのメリットとデメリットって知っていますか?
私、兎月りりむ。は過去全ての作品において「立ち会い収録なし」で収録をしてきましたので、メリットとデメリットは知り尽くしています。

一方、お付き合いのあるサークル様方や、同人音声.com をお手伝いいただいている声優様には「立ち会い収録あり」のご経験も数多く、この機会に改めて皆様から寄せていただいた情報をもとに、それぞれのメリットとデメリットを考察してみました!

※この記事は、音声作品クリエイターズサロン(Ci-en) との同時公開です。

収録(立ち会いナシ)のメリット・デメリット

例:立ち会いのない宅録依頼

メリット
・自分の時間や交通費を確保する必要がない
・ディレクションの手間がない
・声優およびスタジオとのスケジュール調整の必要がない
・多くの声優が受け付けているので、依頼がしやすい
・声優-スタジオ-自分という3つの予定を合わせる必要がないため、納期が立ち会いアリに比べて短くなりやすい

デメリット
・100%台本に準拠した収録データが手に入るとは限らない
・イメージ違いの演技をリアルタイムに修正することができない
・聞こえ方、演技の仕上がりなど、超厳密な調整はすることができない

こんな方は、立ち会いナシの収録がオススメ!

・必要最小限の費用で済ませたい方
(スタジオを借りる費用や、人の工数が増えることによる工賃増が見込まれます)
・日々の仕事で忙しく、自分の予定を確保することが難しい方
・依頼候補の声優の最短納期で納品してほしい方
(立ち会いアリ&スタジオも使うとなると、全ての予定を合わせる必要があり、納期は当然伸びます)
・多少は台本の演技指示とズレがあっても問題がないタイプの作品を作る場合
・試行錯誤の必要があまりない作品の場合

収録(立ち会いアリ)のメリット・デメリット

例:スタジオ収録、宅録(オンライン立ち会い)

メリット
・声優にリアルタイムに指示が出せるので、イメージ通りの演技データが手に入りやすい
・スタジオでは第三者のエンジニアの力を借りられる場合もある
・当初想定していなかった演技指示を追加することもできる
・超厳密な調整をかけながら収録することができる
・時間が許す限り、何度でもやり直しができる

デメリット
・声優及びスタジオとスケジュール調整する必要がある
・スタジオ使用料や出張交通費など、別途経費がかかる
・声優によっては受け付けていない
・何時間かけて収録を完了するのか予定を立てたとしても、時間通りにいかずにスケジュール確保をやり直す必要がある
・リテイクのための再スケジュール調整および経費が必要になることがある

こんな方は、立ち会いアリの収録がオススメ!

・絶対に100%自分のイメージ通りの演技データが欲しい方
・台本に細かな演技指示を書き込むことが難しい方
・完成演技イメージを、演じてもらってから決めたい方
(やっぱりこんな風に演じてみてください、といったように試行錯誤)
・声優自身のディレクション力に不安がある方
・想定していることが複雑で演技指示に盛り込むことが難しい場合
・絶対に納期をずらしたくない場合
・こだわりが強い作品なので、試行錯誤を繰り返したい場合

立ち会いがないとランキングに載るような作品は作れない?

断言します。決して、絶対にそんなことはありません。
兎月りりむ。の出演作はすべて、立ち会いナシ、うづりむスタジオによって収録されています。(いわゆる宅録と言われる形です。)
ですが、2021年 ボイス年間人気ランキング R-18 2位の作品を含め、多くの作品がDLsite音声作品ランキング上位に日々ランクインしています。

<2022年02月15日 DLsiteボイス24時間ランキング 1位及び2位>

 

立ち会いナシで十分に意図を伝える方法

兎月りりむ。が200作以上出演の経験のなかで、改善に改善を重ねたものが台本ガイドラインです。
台本をガイドラインに沿ってきちんと作り込むことができれば、おおむね指示内容は声優に伝えることができますし、立ち会い収録と同じような結果を導くことは十分可能です。

「台本ガイドラインだと表現できない!」という演技箇所があっても、それ以外の箇所を全てガイドラインに準拠できれば、例外はたった1つだけにすることができます。
例外が5つや6つあると何に意識を振り向ければ良いかがわからなくなるのは必然ですが、たった1つだけであれば成功する確度(奇跡の一瞬が起こる確率)は飛躍的に高まるはずですよね。
参照:創作には準備が命!「ガチガチに準備すると奇跡は生まれない」って本当?

収益上大きく問題が出そうな演技データがある場合も、それが数カ所であれば、スケジュール調整ナシのリテイク収録による対応で十分にリカバリーできます。
数カ所で済まない範囲で問題が発生するような台本は、「そもそも立ち会いアリでないとなかなか理想通りの演技をさせることが難しい」というタイプに該当します。

作品のコンセプトによっては、当然そういったものがあるのも必然です。
しかしそれは、適材適所で手段を選べばよいだけのこと。
立ち会いアリでの収録をすれば良いだけだと思います。

立ち会いの有無に関わらず、多くの人の手に取ってもらえる作品を作ることは絶対に可能です。
ですので、作りたいものの特徴に合わせて、立ち会いの有無を決めて大丈夫ですよ!

兎月りりむ。に収録を依頼する場合

兎月りりむ。は、
・立ち会いナシ
・うづりむスタジオによる収録
・台本ガイドライン準拠&標準オペレーション

という基本条件にて、収録のご依頼を受け付けております。

段取り八分という言葉にもあるように、よりユーザーを満足させ売上を最大化させる作品をつくるためには、準備が8割と考えているからです。
ライター様、イラストレーター様、編集様はじめ様々な方々の力を結集して創り上げる作品だからこそ、
メインとなる音声部分にてそれらを台無しにし、大失敗を招くことは決してあってはなりません。
ご依頼のお引き合いが急増するなか、できる限り短い納期で、かつ多くの方のご依頼希望を叶えたいと考えております。

台本ガイドラインに沿った台本の場合、
「演技にとても集中することができ、良い成果物が生まれる。台詞の流れに多少の粗があってもアドリブでカバーできる」
「台本記載の世界観と演技がマッチし、ユーザー様からの高評価が増え、売上が伸びる好循環が発生する」
「形式起因の有償リテイクが減りコスト減となり、編集時間も短縮され、作品を早く出し、早期に売上を得ることができる」
という莫大なメリットを得られる確率が飛躍的に上昇いたします。

台本ガイドラインから逸脱している場合 & 標準オペレーションでない場合には、
以下の甚大なデメリットが発生する確率が極めて高く、非常にリスキーです。
「都度確認の上で進め収録工数が多大となり、なおかつ演技に集中できないため、良い成果物とならない」
「不明瞭な解釈、不明瞭な記載のまま収録した音声は悪評価のもとになり、得られたはずの売上が激減する」
「納品音声チェック段階で依頼者様が違和感に気付けた場合でも、台本起因での有償リテイクが多く発生する」
「想定できない収録上のトラブル※が発生してしまい、結果的に予定していた納期通りに納品できなくなる可能性が大きくなる」

※トラブルの実例
・収録にかかる時間の読み違い(見積もりにおける工数計算のミス)
・実力の問題で再現しきれないのに、受け付けてしまった
・想定していない量のリテイク発生
・これらによる納期遅れの波及
など

こうした理由から、兎月りりむ。は、
・立ち会いナシ
・うづりむスタジオによる収録
・台本ガイドライン準拠&標準オペレーション

という基本条件にて、収録のご依頼を受け付けております。

結果的には、
・外部スタジオ費用と出張費がない分、リーズナブル
・鬼気迫るスケジュール調整の必要性がない
・製品化する上でスタジオと全く遜色のない高音質
・ランキング上位も十分狙えるほどの演技音声
・リテイクも必要最小限となり、しかも早く手に入る
・可聴可能なノイズのほとんどが処理済みなので、初心者でも残ノイズを取り切れる
というメリットを得ることができます。

でも、兎月りりむ。の声で絶対に100%自分のイメージ通りの演技データが欲しいんだ…!という方へ

たいへん心苦しいのですが、残念ながらお引き受けすることが叶いません。
お気持ちは本当に嬉しいのですが…。
無理に受けてしまうと、結局ご納得いただけるものを提供できず、また、納期においてもご迷惑をかけてしまう可能性が非常に高いからです。
もし、「この台本だったら、兎月りりむ。の収録サービスで十分なものができそうだ」
というものがございましたら、その時はぜひ、出演者候補に加えていただけると嬉しいです。

「スタジオ音質を宅録価格で!」をコンセプトに、ご依頼受付中!

声のご依頼について