編集作業を始める前に知っておくべき3つのポイント

編集について, 音声作品をつくろう!

編集作業を始める前に知っておいて欲しいことをこのページにまとめました。

自分のイヤホン(ヘッドフォン)は編集作業に適しているか?

イヤホンもプロ向けの高いものじゃないとダメなの?と考えたかもしれないそこのあなた!大丈夫です。

突然ですが、音声作品を楽しんでいるユーザーって、どんな環境で作品を聴いていると思いますか?
以前私は、この件についてTwitterでアンケートをとったことがあります。
他の製作者さんも同様のことを疑問に思いアンケートをとっているのを見かけました。

答えは、DLsitePlay(再生ソフト) + イヤホン(スマホ付属)が圧倒的多数でした。
わざわざPCやスマホに元データをダウンロードして、高価なイヤホンで聴いたりしてるユーザーはごく少数だったというわけです。

では、この結果を受けて再度考えてみましょう。
編集作業に適しているイヤホン(ヘッドフォン)ってどんなものになるでしょうか?

結論、"そんなに高価で高性能なイヤホンである必要はない"です。その理由について解説していきます。
そもそも高性能なイヤホンって何をもってして高性能なんでしょう?
これは私の体感ですが、いわゆる高価で高性能なイヤホンって、音の輪郭(エッジ)がはっきりしていたり、重低音が心地よい程度にブーストされていたり、真空管を通した様なあたたかみ&音の柔らかさを演出していたり、逆に何の加工もされていない非常にフラットな音を出してくれる特性があります。そして安価なイヤホンに比べて表現してくれる音域の幅が広いのです。

スマホに付属しているようなイヤホンや、市販されている2000円程度のイヤホンはこういった部分が劣ると思います。
むしろ、こういった安価なイヤホンは、音楽を聴いた時にちょうどいいように開発されていたりします。(音声作品を聞くには強すぎる重低音ブーストなど)
そこそこいい感じに味付けされた音を、スマホの付属イヤホンは手軽に出してくれるのです。

主に音声作品のユーザーは安価なイヤホンをスマホに接続して作品を楽しんでいるという事実があります。
であれば、我々編集者は、

「スマホ+安価イヤホン」で聴いた時に最適になるように編集すべきではないでしょうか?

もちろん各々意見があるとは思いますが、私はこのような結論に至っています。
高価なイヤホンで編集するなと言っているわけではないです。
高価なイヤホンであればより正確にノイズを聞き取れて除去できますから、メリットはもちろんあります。
つまり我々編集者はどうするべきなのかというと、極端に言えば、

「iPhone付属イヤホン+スマホで聴いた時にいい感じになるように編集しよう」

以上の理由から、何万もする高価なイヤホンを使って音声作品を作り上げる必要はそんなにないということです。
安くても4、5千円。高くても1万円程度のイヤホンで制作すれば誰が聴いてもそこそこの仕上がりになると思います。

でも自分は高価なイヤホンで聴いた時に最適になるように編集したい!

それもまた、ニッチな市場に向けた展開だと考えれば良いのだと思います。
私自身は結構オーディオ関係にお金をかけているので、こういう作品が増えるのは嬉しいです。
大多数の人に"違い"はわかってもらえなくとも、オーディオ関係にお金をかけて超高音質な音声作品を楽しむコアなファンの心をガッチリ掴んで離さないものをつくる、というのも戦略の一つです。
みなさんの音声作品をつくる目的に合わせて、編集環境は選択するとよいと思いますよ!

オーディオインターフェース(A/IF)って必要?

そこそこ知識がついてきた方だと恐らくこの問題にぶち当たると思います。
オーディオインターフェースってそもそも何?
語ると長くなるので簡単に言えば・・・
「聴く時も録音する時もいい感じにしてくれる機械」です。
詳しくは、Google先生へどうぞ!(これは配信者もよく使うツールなので、プロの方が膨大な量の解説を公開してくれています)

それでは早速結論にいきましょう。

自分のパソコンの音質が良いなら…

IFが無くてもそれなりのものが作れるかもしれません。
音関係のパーツはこだわったモデルのパソコンなんだよね〜、なんて即答できるのであればIFが無くてもそれなりのものが作れると思います。
(ひと昔前のWindowsなんかは音関係非常に弱いです。Macは元から結構いいんですよね)

自分のパソコンの音質が良いかなんて分からない。or 音質が悪い

IFが必要です。1万円そこそこのもので十分です。
このIFでいいと思います。(私にアフィリエイトは入りません;)
と、赤の他人の筆者に言われてもちょっと不安ですよね。
というわけでもう少し背中を押せるであろう情報を書き加えます。
このFOCUSRITE社のIFは、かのディズニーのPixarスタジオでも使われている安心安全な製品です。
(モデルは違いますよ。Pixarは最上級モデルをもちろん使ってます。)
どうやって調べたのかって?ひたすら動画を漁って突き止めました。

ということで、自分のパソコンの音質が良いかどうかを調べるだけ時間の無駄です。
さくっとIFを購入して浮いた時間を制作にあてましょう。

自分で効果音録りたいんだよね!

絶対にIFが必要です。とはいえ効果音程度であれば上記で紹介したIFで十分なのでそちらを買いましょう。

編集によって劇的に音が良くなることはある?

またも反論がばんばん飛んできそうな議題ですが…。
私がこの項で言いたいのは、こういうことです。
「編集で劇的に音質は向上しないから、編集作業を頑張りすぎないで!」

低品質のデータを編集で高品質にはできない。

ノイズを完全に綺麗に取り除きたい!声の部分をもっとクリアにしたい!誰しもそう考えると思います。
ですが、限度があります。だから、あまり頑張りすぎないでください。
A5ランクの黒毛和牛はただ焼いただけでも最高に美味しいですが、低価格の乳牛をいくら美味しく味付けして加工してもA5黒毛和牛に及ばないのは想像に難くないと思います。音データも同じです。
元々の品質が良くないデータをいくらこねくりまわしたところで、少しマシになる程度です。
ラジオ放送の音声をいくら編集しても、綺麗なCD音源レベルになることは今の技術では不可能なのです・・・。
なのでランキング上位に入っているような作品と同等にしてやろう!と思って編集を頑張りすぎないでくださいね。

音質の属性を編集によって変えることは難しい

音に温かみがあって柔らかい音を、音の輪郭がはっきりして非常にクリアな音に作り変えることは不可能です。
(できるのかもしれませんが、少なくとも素人に毛が生えた程度の実力では無理です。)
また、音の質というのは収録環境に大きく左右されます。
マイクであったり、IFであったり、プリアンプであったり、はたまた防音室の素材であったり…。
すべてのものに音は影響を受けます。そうして音の味(個性)を作り出していくのです。
最近は特に、ぱきっとシャリっとしていて明瞭な音を"高音質"と捉える人が多い気がしますが、それもまた個性のうちの1つであって、その他の音が高音質ではないということでもないです。

みなさんが考えている音質の着地点と、声優さんから受け取った元データの音の傾向が大きく違う様であれば、みなさんが考えている着地点に完璧に到達することはないのです。
ある程度近づけることは可能ですが、その程度です。ですから、

編集作業を頑張りすぎて煮詰まらないでくださいね!

最後に。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
最後まで読み切った読者様はきっとそれなりに楽しく編集作業に勤しむことができると思います。
また、何度やっても思うような音に編集できないんだよな〜、なんて考えて煮詰まってしまっている方にもある程度の答えを提供できたかなと思います。

音って、本当に奥が深いです。こんなに色々書いてますけど、「これが唯一無二の正解」というものはないはずです。
違うポリシーの方もきっといるのだと思いますし、数年後には私の意見もまたまるっと変わっているのかもしれません。
ぜひぜひ、みなさんも音の探究を楽しんでくださいね!

Posted by 兎月りりむ。