マスタリングってどうやるの?(1次チェック)

2020年7月28日編集について, 音声作品をつくろう!

そもそもマスタリングって何なの?
これも語ると長くなるので、簡単に申し上げますと…
「作品がいい感じに聞こえるように調整する作業」
のことです。
詳しくはGoogle先生にうかがいましょう。

できあがったデータを聴きながら微調整していく

ある程度EQやらコンプやらをかけてSEも入れて組み上がったデータを、頭からじっくりチェックしていきます。

チェックポイント1:音量・音圧

仮組みをしていた時にこれでいいと思って編集したデータ。
実際に通しで聴いてみると、意外に音が大きすぎたり小さすぎたり、なんてことが結構あります。
ですから、データの頭からじっくり聴いて、音量や音圧を調整していきましょう。

チェックポイント2:効果音(SE)のタイミングのズレ

タイトルの通りです。結構あります。
ということで、SEのズレがないか、また抜け漏れがないかをチェックしていきましょう。
足りなければ足したり、ズレていたら適切な場所にSEを移動させたり…。地道な作業です。

チェックポイント3:ノイズの取り残し

かなり気をつけて細かなノイズを除去したから大丈夫!
と思っていても、やっぱり残っていることが多いのが、衣擦れだったりクリックの音だったり。
この細かなノイズたちも、通しで聴きながら見つけ次第削除していきましょう。

 

Posted by 兎月りりむ。