大手声優さんの依頼料、高すぎない!?依頼料と広告の関係を解説!

おもしろ小話, 販促について

ごきげんよう!兎月りりむ。です。
タイトルのような疑問をお持ちの方って、結構いらっしゃると思います。
でも、大手声優さんへ依頼するメリットって、決して良い演技データが手に入るということだけではないんですよ。
この記事では、「声優さんへの依頼料には、実質広告費も含まれてるんだよ〜」という議題についてお話しようと思います。

広告費って何のこと?

「自分は依頼内容に、広告まで含めてないんだけど」

とツッコミを入れた方。もうちょっと待ってください。そういうお話ではないんです。
私が言いたいのは、
「拡散力の強い声優さんに演じてもらえば、作品を見てもらえる機会がぐっと増えるよね」
ということなんです。

大手声優さんって、ほとんどが多くのフォロワーをお持ちだと思います。
そして、お名前の検索数も多いはずです。
あの声優さんの作品だから買う!という方も少なからず存在すると思います。

「今活動始めたばっかりなんです!」という駆け出しの声優さんに演じてもらう場合は、
通常は自分自身の力のみで広告活動を頑張る必要がでてくると思います。
でも、影響力の大きい大手声優さんに演じてもらう場合は、お名前を借りることで広告活動がぐっと楽になるんですね。
「自分の作品が存在することを多くの人に知ってもらう」というステップまで一足飛びで到達することができるわけです。
広告を打つということは、時間を買うこと・・・と考えてみるとわかりやすいと思います。
(絶対ではないですが、出演作品は少なくとも1回は声優さん自身がTwitterで紹介してくれることが多いです。)

依頼料が高すぎると感じるかどうかは、人それぞれ。

この広告にかけるお金をどう見るか。
これはクリエイターさんの現在の状況で変わってくる勘定になるので、本当に人それぞれだと思います。
もうすでに十分なファンを獲得し広告力を得ているサークルであれば「高い」かもしれませんし、
初作品だからファンも広告力も全然ないよというサークルであれば「安い」かもしれませんね。
でも、私は、やっぱり払うだけの価値があると思います。
それは、どれだけ広告にお金と努力が必要かを知っているからです。
いくら良い作品を作っても、「そこに良いものがある」と知ってもらうための販促活動を怠っては見てももらえませんから。

多くの人に見てもらえる機会を提供してくれるなら、私はお金を払います。
Twitter等でよく見かける【PR】のツイートは、こういう思考回路から生まれています。

最後に。

いかがでしたでしょうか?
声優さん選びって難しいですよね。
このような考え方も、声優選びの基準の一つに加えるとなお戦略を練りやすいのかなと思い、この記事を執筆しました。
お役立ていただけると幸いです。

Posted by 兎月りりむ。